40周年記念行事 御礼

イベント
このカテゴリ一覧を見る
 
久我山イレブン40 [小]
40周年記念エンブレム

 さる12月3日(日)に、<久我山イレブンFC 創立40周年記念 ~感謝・継承~>と題し記念式典と記念試合を開催いたしました。

003# 055#

 記念式典には歴代の卒団生とその保護者105名、来賓・歴代コーチ35名、在団生40名とその保護者33名、アシスタントコーチ11名、コーチ10名。合わせて234名にご来場いただきました。
116# 

そして、午後に実施した卒団生が年代別に4チームに分かれて行った記念試合には60名が参加。
その後場所を変えての懇親会は、卒団生とその家族と保護者・歴代コーチ・現役コーチ・現役保護者の70名が参加し、懐かしい仲間たちと昔話を肴に大いに盛り上がりました。

696#

 1983年にスタートしチームが40年の歴史を刻むことが出来てこられたのは、これまでチームに関わってきた選手は勿論のこと、その保護者、コーチ等の多くの方々が選手育成のために一致団結し本当に一生懸命に継続努力を積み上げてきたものと改めて感謝いたします。

 また、チームが所属する東京都少年サッカー連盟第4ブロック、杉並サッカー連盟、スポーツ少年団の仲間、きらめきリーグの仲間、自主リーグの仲間、久我山イレブンFC招待試合に参加頂いた仲間、卒団した後のジュニアユースチームの仲間等へも感謝いたします。
 そして、創設当初よりホームグラウンドとしての久我山小学校と同じホームグラウンドで活動するイーグルスへも感謝いたします。

 そして忘れてはならないのは、今回の記念式典の準備のため5月より実行委員会を立ち上げ、中心メンバーとして大変お忙しい貴重な時間を準備のためにご尽力頂きました保護者の皆様と当日の設営準備・受付・グッズ販売・飲食の準備・豚汁造り等に携わって頂きました全ての保護者へ本当に感謝いたします。
ありがとうございました。

 豚汁は、久我山イレブンフットボールクラブのイベント時の伝統の味です。準備段階では多くの皆様のご協力無くしては出来ないものです。
メンバーが目指す物を共有し、面倒で時間をかけて準備を行う共同作業は、サッカーというスポーツと全く同じです。

 卒団生は、懐かしいイレブンの豚汁を笑顔で懐かしく、そして本当に美味しく頂きました。

IMG_6954#


 
 この40年間で524名の選手が卒団しました。

久我山小学校の正門にある<椎の木>のように、どっしりと根を張り、どんな風雪にも耐え、大きく枝葉を張り、毎年必ず実を落とす。
そして、その周りには多くの仲間が集まり、関わる全ての方が努力する。そんなチーム造りが久我山イレブンフットボールクラブであると、来場した方々を観て改めて思い、そして継承していくことが大事であると実感致しました。


 周年の節目は、歴史を振り返り、次に向けての新たな一歩です。<竹>のように節目をしっかりと造り、真っすぐに上に向かって今後もチームは成長してまいります。


 なお、40周年の節目の年に新しい代表ユニホームを造りました。
この製作費は、卒団生とその保護者達からの寄付金と四方さん(前代表)からの寄付金で作成しました。
更に、残った寄付金で久我山小学校へジュニアゴールを寄贈する事といたしました。


 引続き、久我山イレブンフットボールクラブへの応援を宜しくお願いいたします。

388r.jpg


 久我山イレブン エンブレム [極小] 久我山イレブン 文字 279 x 49 

 久我山イレブンフットボールクラブ

代表 池亀 将史


イベント